梅肉エキス・梅エキスへの母の想い

梅肉エキス(梅エキス)・梅干しの製造販売 不老梅本舗 林圓三郎商店
マイページログイン カートの中を見る

母の梅肉エキスへの想い

梅肉エキスへの母の想い

梅肉エキス(梅エキス)のこだわり

梅肉エキスは青梅の採れる時期(5月末〜6月)にしか製造できません。
ですからこの期間は朝早くから夜遅くまで大忙しで取り掛かっています。 私が子供の頃は、青梅を砕く機械の音が目覚まし代わりでした。

力仕事なので、いつも梅肉エキスの製造が終わると、お母さんの腕には力こぶができ、ぷよんぷよんのお腹(笑)は引き締まっています。

父の支えとなって頑張る母の梅肉エキスへの想いを聞きました。

新鮮な青梅を調達するのは大変

新鮮!カリカリに硬い青梅です

梅肉エキスは青梅の種を取り除いた実を細く砕き、袋に入れて果汁を絞り、その果汁を煮詰めてつくります。
青梅はあくまでも青い採れたての梅を使います。日がたつと青い梅が熟してしまいます。
青い梅のみを仕入れたいので、毎年梅を集めるのに苦労します。青梅が少なすぎると、搾り機にかからないので、ある程度の青梅を確保する必要があります。
ですから、不作の時などは大変な苦労があります。

青く見えている梅が一晩たち、朝になると黄色く色づいていることもありました。
青い梅だったら絞る際に果汁がサーっと出てきます。

でも、熟した梅を使うと、袋に入れて果汁を絞り出す際、果汁に果肉が混ざってしまいます。数トンの圧力をかけて絞り出すので袋の目から果肉もわずかですが出てしまうんです。

ですから、チョッと強気ですが熟した梅は返品します。
「梅エキスは酸分が大切で、梅が熟すると酸分が糖分に変わり製品が悪くなる。」・・・と初代の圓三郎が言っていました。

梅肉エキスの失敗談もある

砕いた実を搾り袋に入れていきます

私がお嫁にきた頃と今では作業性が随分と違います。
果汁しぼり用の袋は、今は綿の軽くて丈夫な袋ですが、昔は重くてかさ高い「ドンゴロス袋(インド綿でできた物)」を使っていました。砕いた実を入れる時(袋の口を2人で手で持って、もう1人がバケツで実を入れます)指先に力がかかり、次第に感覚がなくなります。

そして絞り終わった後、絞りカスを取り出し袋を洗うのですが、その袋が水分を含み、とっても重く洗うのも(手洗い)大変!
今はポンプで実を吸い込み袋に入れます。
その昔、果汁を煮詰めるのは大きなホーロー製の鍋でした。
燃料は昭和初期は松の木だったそうです。今はステンレスの大きな鍋で、バーナーで煮詰めています。
昔は一樽20kg入りで縄で結束していました。
圓三郎は20kg樽を少し傾けて回しながら手早く器用に縄がけをしていたのを覚えています。

ベテランの圓三郎でさえ失敗したこともあります。
梅肉エキスに爐世洵瓠覆たまり)ができ、こし器(和菓子屋で使う馬の毛を使ったうらごし器)で何日も何日もかかってこした、私のしんどかった記憶があります。

母を見て思うこと

店長ウメ店主(父)は火の番に全神経を集中させるので、
青梅の手配や諸々の段取りは全部母の仕事。
青梅の手配がこれまた大変!
農家さんから実際に梅が集まってこないと、どれくらいの量があるか、
青い梅(熟してない)かどうか分からないから、
あちこちの農協と連絡とりながら手配してます。

あの気丈な母が泣いてるのも見たことありました。
「そんなにしんどければ、もうやめればいいやん!」って思ったり・・・
でも、毎年この時期になると始まるんだなぁ。
手伝ってくれている、おばちゃんたちにもずいぶん助けてもらっています。
みんなヨレヨレになりながらも笑顔を絶やさず、大変な作業をこなしてくれて。
やっぱり、おばちゃんパワーはすごいのです。

梅肉エキス(梅エキス)の知識コンテンツ

梅肉エキスへのこだわり 梅肉エキスが出来るまで 梅肉エキスへの母の想い 梅肉エキスQ&A
エキスへのお客様の声(評判)
▲このページの上に戻る

梅肉エキス(梅エキス)

梅肉エキスの製造風景

梅肉エキスは加熱時間が大切

初代から80年受け継がれる伝統製法で、店主が20時間以上もの加熱時間をかけて作る梅肉エキス(梅エキス)は、青梅1kgからわずか20gしか作れない希少品。

原料は和歌山産の良質の青梅のみを選び、その種を取り除いて絞った果汁を何日もかけて、じっくりじっくり煮詰めて作っています。

梅肉エキス(梅エキス)の知識コンテンツ

梅肉エキスへのこだわり 梅肉エキスが出来るまで 梅肉エキスへの母の想い 梅肉エキスQ&A
エキスへのお客様の声(評判)

こだわり梅干し

  • うす塩味梅干
  • 無添加 白干梅干
  • 無添加 しそ漬梅干
  • 梅ふるーてぃ
  • こんぶ梅干
  • かつお梅干
  • 無添加 三年物白干梅干
  • 無添加 七年熟成白干梅干
  • 無添加 申年梅干
  • 昆布つつみ梅
  • 小梅干
  • 徳用並品梅干
  • くずれ梅干
  • 梅肉エキス(梅エキス)の知識コンテンツ
    梅干へのこだわり 梅干の製造工程

梅加工品・季節限定商品・梅干しギフトなど

▲このページの上に戻る

不老梅コンテンツ

梅肉エキス(梅エキス)

南高梅干

梅製品

青梅・完熟梅

贈答品・ギフト

価格帯別ギフト商品

不老梅インフォメーション

お楽しみコンテンツ

不老梅について

不老梅スマートフォンサイトはこちら
メールについて お支払いについて 送料について
「不老梅」では、お客様からいただきましたメールへのお返事は、必ず2営業日以内に返信させていただいております。
万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当店より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいます様、お願い致します。

土、日、祝祭日はメール返信、発送業務をお休みさせて頂きます。

項目見出しクレジットカード
【ご利用可能なクレジットカード】
クレジットカード
VISA/Master/NICOS/UFJ/DC/JCB/AMEX/Diners

項目見出し代金引換(手数料300円 1万円以上で無料。)
項目見出し郵便振替・銀行振込
項目見出しコンビニ振込

初めてのお客様は、クレジット決済、代金引換、 郵便振替(先払い)銀行振込(先払い)の中から お選びください。

項目見出しヤマト宅急便
項目見出しゆうパック
上記のいずれかでお送りさせて頂きます。
配送料

※お買い上げ商品代金1万円以上
(1ヶ所のお届け)の場合、送料無料

個人情報について お買い物について お届け日・時間帯の指定について

不老梅は、お客様の個人情報の取り扱いには万全の注意を払っており、お客様の個人情報を、あらかじめ示した提供先(運送会社や決済管理会社等)以外の第三者に開示もしくは提供することは一切致しません。

項目見出し「不老梅」では、ご注文後、商品を出来るだけ早くお届けするために、初めてお買い物をされるお客様に【クレジットカード決済】または【商品代引】をお奨めしております。

項目見出しご注文の際には正しくメールアドレスをご記入されているかご確認ください。ご注文後のご連絡がとれず、ご迷惑をおかけいたしますのでよろしくお願い申し上げます。

配送日時と時間の指定が可能です。
配達日指定のご希望がある場合、発注日よりなるべく一週間以降でご指定下さい。

時間帯は下記の時間帯からお選びいただけます。
午前中・12時〜14時頃・14時〜18時頃・18時〜21時頃

※一部離島につきましてはお届け日、時間帯のご希望に添えない場合もございます。
※天候や交通事情等により、お届け日がずれる場合がございますのであらかじめご了承ください。

不老梅本舗 林圓三郎商店

〒645-0005 和歌山県日高郡みなべ町南道120番地6

当サイト内の写真や文章、すべての内容につきまして無断転載・転用は、これを固くお断りいたします。